デルフトについて

デルフトは、オランダ南ホランド州にあります。北にデン・ハーグ(南ホランド州の州都)、南にロッテルダム(欧州最大の貿易港をもつ)とオランダ屈指の大都市に挟まれています。

人口50万人を超えるデン・ハーグやロッテルダムに比べて、デルフトは人口約10万人という小さな街です。また、旧市街エリアの広さが、南北に約2kmに、東西に約1kmなので、散歩するように観光するのにぴったり!観光スポットも歩いて回れる範囲にあります。

デルフト観光のポイントには、「デルフト焼き」「フェルメール」「オランダ王室」という3つのキーワードがあります。

  1. デルフト焼き:白地に青色の装飾が施されたデルフト陶器は、17世紀のデルフトではじまりました。その深濃の青色は、デルフトブルーと呼ばれ、世界中の人々を魅了しています。
  2. フェルメール:オランダ黄金時代を代表する画家ヨハネス・フェルメールは、デルフトで生まれ、その生涯をこの地で過ごしたと言われています。デルフトにはフェルメールに関係のあるスポットもたくさん!
  3. オランダ王室:デルフトで殺された、オランダ独立の父と呼ばれるオラニエ公ウィレム1世。殺された屋敷は現在プリンセンホフ博物館として一般に公開されています。また、オランダ王室の人々のお墓は新教会にあります。